A   B   C    D   E   F    G   H   I    J   K   L    M   N   O    P   Q   R    S   T   U    V   W   X    Y   Z   0-9   
J / jsdt.dll

jsdt.dll


ダウンロード jsdt.dll →



登録jsdt.dll


jsdt.dllのバックアップを作成します。
jsdt.dllのフォルダにあります。
C:\ WINDOWS \ system32に
またはエラーが発生したプログラムフォルダインチ
あなたは64ビット版のWindowsを使用している場合は、ファイルをフォルダにあります。
C:\ WINDOWS \ SYSWOW64 \。
ファイルjsdt.dllをインストールする方法?
1. WIN + Rキー
2. CMD。 [OK]をクリックします。
ブラックボックス3.書き込み:
します。regsvr32 jsdt.dll
そして、「入力」を押します。
4.インストールはわずか数秒かかり、あなたは登録がjsdt.dll準備ができているメッセージが表示されます。
それでもエラーが出る場合は、コンピュータを再起動する必要があるかもしれません。

regsvr32コマンドの構文


Regsvr32.exeが、次のコマンドラインパラメータがあります。
ます。regsvr32 [/ U] [/ N] [/ I [:CMDLINE] jsdt.dll
/ N - のDllRegisterServerを起こしません。このオプションは、以下のパラメータを使用する必要がありますI /
/ S - サイレント。メッセージボックスを表示しません
/ U - 登録サーバーをキャンセル
/ I - それを[コマンドラインパラメータ]オプションを与え、DllInstallを引き起こします。 / Uを使用した場合、それは除去のdllを引き起こし

ドライバの更新


DLLエラーが廃止されたデバイスドライバが原因で発生することができます。
この問題を解決するには、お使いのコンピュータにインストールされているすべてのハードウェアデバイス用のドライバを更新します。
OEM・システム・デバイス用のドライバは、システムの製造業者のウェブサイト上またはコンピュータの購入時に付属独自のCDから入手することができます。

マルウェアのスキャン


マルウェアは、通常のDLLと原因エラーとして偽装することができます。ウイルスのスキャンは、DLLのエラーを排除するための重要なステップです。
エラーjsdt.dllを引き起こしている可能性のある悪質なソフトウェアファイルをスキャンするために、適切なアンチウイルスソフトウェアを使用してください。
好ましいのは少しコンピュータのリソースを消費するアンチウイルスプログラムに与えられました。非常に良いプログラムはIOBitアンチマルウェアです。

破損した/行方不明のファイルの復元jsdt.dll


ほとんどの場合、エラーjsdt.dll、問題のDLLファイルは、単に不足または破損します。この問題を解決する唯一の方法 - jsdt.dllを交換してください。
DLLファイルシステムの大半について、あなたは同じ設定で別のコンピュータからDLLをコピーすることができますまたは当社のウェブサイト上でjsdt.dllをダウンロードしてください。
このオプションが使用可能でない場合は、ファイルがWindowsのインストールメディアに置き換える必要があります。
コンピュータの起動時にWindows Vistaでは、7と8は、修理を行っていてもよいです。
Recovery Managerは、コンピュータの起動時にF8キーを押して「詳細設定Windowsブート」メニューからアクセスし、ブートオプションとして「スタートアップ修復」を選択することができます。

ファイルに関連付けられている最も一般的なエラー:


1.「jsdt.dllファイルが登録に失敗しました。」
2.「jsdt.dllが見つかりません。」
3. "jsdt.dllアクセス違反。"
4. "Cファイル:\ WINDOWS \ System32に\ jsdt.dllが見つかりません。"
5. "jsdt.dllファイルがありません。"