ダウンロード appvisvsubsystems32.dll:

ファイル:appvisvsubsystems32.dll
ファイルサイズ:1.03M
md5 hash:2f36f4b63d4b2078b70637089b9afb62
OS:Windows XP, Vista, 7, 8, 10
ビット:x32/x64
ファイル作成:15.06.2013
サイトビュー:7,693
ダウンロード appvisvsubsystems32.dll (1.03M) →

に関連するエラーがある場合 appvisvsubsystems32.dll, コンピューターにファイルがあることを確認してください。 DLLは通常、フォルダ内にある必要があります C:\WINDOWS\system32, C:\Windows\SysWOW64\ または、エラーが発生したアプリケーションフォルダー内。 わからない場合は、DLLとは何ですか-ウィキペディアの記事を読む Microsoft Dynamic-link library

インストールする方法 appvisvsubsystems32.dll ファイル?

  1. Windowsでは、[スタート](左下)をクリックして[実行]を検索し、[実行]をクリックします
  2. タイプ CMD マウスクリックOK
  3. 黒いウィンドウで書き込み: regsvr32 appvisvsubsystems32.dll を押して Enter
  4. インストールには数秒しかかからず、終了するとメッセージが表示されます。

dllファイルを登録する Regsvr32

まだDLLエラーが発生する場合は、コンピューターを再起動する必要がある場合があります

RegSvr32.exe 次のコマンドラインオプションがあります:

Regsvr32 [/u] [/n] [/i[:cmdline]] appvisvsubsystems32.dll

/n - DllRegisterServerを呼び出さないでください。このオプションは /i
/s – サイレント;メッセージボックスを表示しない
/u - サーバーの登録解除
/i - DllInstallを呼び出して、オプションの [cmdline]; で使用する場合 /u, dllのアンインストールを呼び出します

ドライバーを更新する

DLLエラーは、バグ、古いデバイスドライバーが原因で発生する可能性があります。この可能性をトラブルシューティングするには、コンピューターにインストールされているすべてのハードウェアデバイスのドライバーを更新します。 OEMシステムのデバイスドライバーは、システムの製造元のWebサイトまたはコンピューターの購入時に付属した独自のディスクから入手できます。 Snappy Driver Installer 不足しているドライバーをインストールし、古いドライバーを更新する強力なプログラムです。

ファイルに関連する最も一般的なエラー:

同様のDLLファイル:

USER32.dll advapi32.dll appvisvsubsystems32.dll kernel32.dll ssleay32.dll binkw32.dll solver32.dll SHELL32.dll NETAPI32.dll OpenAL32.dll OLEAUT32.dll WS2_32.dll c2r32.dll OLMAPI32.dll igdumdim32.dll GDI32.dll wibucm32.dll OLE32.dll gds32.dll vb40032.dll opengl32.dll cl32.dll wbtrv32.dll WNASPI32.dll igdumd32.dll ig4icd32.dll bink2w32.dll REGSVR32.dll aamd532.dll aacenc32.dll